メンタルケア心理士 独学では受験資格を得られない

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

メンタルケア心理士資格を取得するならまず受験資格を満たすこと

 

メンタルケア心理士 独学では受験資格を得られないということですが、メンタルケア心理士の資格取得を目指すのであれば、まずはメンタルケア心理士の受験資格を満たすところから始めましょう。メンタルケア心理士に限ったことではないのですが、資格を取得するのであればまずはその受験資格をクリアしなければいけないのです。最初に超えておくべきハードルといってもいいでしょう。

 

心理系の資格の中でもメンタルケア心理士の資格というのは、最近注目を浴びている資格です。そのため、メンタルケア心理士の資格取得を目指しているという方も多いでしょう。中には、独学でメンタルケア心理士の資格取得を目指している方もいるかもしれません。しかしながら、残念なことにメンタルケア心理士の資格取得というのは難しいでしょう。というのも、独学の場合にはそもそもメンタルケア心理士の受験資格を得られないのです。どうしても独学で勉強するということであれば、まずはメンタルケア心理士の受験資格をクリアしてからにしましょう。

 

メンタルケア心理士の受験資格について

 

メンタルケア心理士の資格を取得するのであれば、まずはメンタルケア心理士の受験資格をクリアする必要があります。では、どの受験資格にはどのようなものがあるのでしょうか。世の中にはさまざまな資格がありますが、その中には受験資格を設けていないものもあります。受験資格が設けられていないものであれば、それこそ独学でも何でも誰でも資格取得を目指すことができるでしょう。しかしながら、メンタルケア心理士の場合にはそういうわけにはいきません。メンタルケア心理士には明確な受験資格が設けられていますので、まずはそれを理解して、クリアしていくことです。

 

メンタルケア心理士の受験資格についてですが、メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をしていること、認定心理士の資格を保有していること、産業カウンセラー初級の資格を保有していること、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科を卒業していることの4つになります。この4つのすべてを満たす必要はありません。あくまでも4つの中からひとつでも満たしておけばいいのです。

 

メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をしていること、認定心理士の資格を保有していること、産業カウンセラー初級の資格を保有していること、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科を卒業していることという4つの受験資格ですが、独学で受験資格を得られないということはご理解いただけるかと思います。独学で自宅の机にかじりついていて得られるような受験資格はひとつもありません。受験資格をどれかひとつでも満たそうとするのであれば、何かしらのアクションを起こしていく必要があるのです。

 

独学で得られない受験資格・・・ではどうすべきか

 

メンタルケア心理士の受験資格が独学では得られないということは、ご理解いただけたかと思います。では、今の時点でメンタルケア心理士の受験資格を満たすことができていないという方はどうすればいいのでしょうか。結論から言ってしまえば、受験資格の中から自分にとってもっとも満たしやすいものを選び、実際に満たしていくことです。

 

メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をしていること、認定心理士の資格を保有していること、産業カウンセラー初級の資格を保有していること、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科を卒業していることという4つの受験資格が設けられていますが、この中でももっとも満たしやすいのはメンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をしていることでしょう。他の3つに比べると、かかる時間もお金も短縮することができますし、何よりも受験資格を満たしながらメンタルケア心理士資格取得のための勉強もできるのです。まさに一石二鳥です。

 

他の3つを満たすのが決して悪いというわけではありません。ただ、時間とお金がかかるばかりであまり得るものがないかもしれません。例えば、認定心理士の資格を保有していることという受験資格を満たすために認定心理士の資格を取得するとします。認定心理士の資格というのは、大学や大学院で心理学の基礎知識や技術を学んだことを証明するための資格になります。実際に、心理学に関する単位を取得して、それを認定してもらうという流れになります。資格のための試験はなく、書類の郵送でのやりとりと認定料などの支払いのみで資格取得が可能です。この認定心理士という資格を取得するために大学へ通い直すということになれば学費もかかりますし、時間もかかります。しかも、認定心理士の資格というのは保有しておいてそこまで役立つものでもありません。わざわざメンタルケア心理士の受験資格を満たすために認定心理士の資格を取得するというのは、あまり意味のある行為ではないでしょう。

 

では、メンタルケア心理士の受験資格を満たすために産業カウンセラー初級の資格を取得するのはどうでしょうか。産業カウンセラー初級の資格を取得するためには、大学や大学院において心理学に関する単位を一定以上おさめるか、産業カウンセラー協会が実施する講座を修了する必要があります。講座は通学制か通信制を選ぶことができますが、どちらにしても結構な費用が必要になりますし、その後で試験に合格してようやく産業カウンセラーの資格を取得することができます。認定心理士の資格よりは産業カウンセラーのほうが役立ってくれるかとは思いますが、メンタルケア心理士の受験資格を満たすために産業カウンセラーを目指すのはやはり遠回りになるでしょう。お金も時間もかなり必要になってきます。

 

そして、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科を卒業していることという受験資格を満たすことを考えてみましょう。社会人として働いている方にとっては、この受験資格が一番難しいのではないでしょうか。今から大学に入り直して卒業するというのは、社会人にとって負担が大きすぎます。時間的なことはもちろん、学費などを考えてみてもメンタルケア心理士の資格取得を目指すのに決して効率的とはいえないでしょう。特に、時間の限られる社会人だからこそ最短ルートでメンタルケア心理士の資格取得を目指していきたいものです。

 

最短ルートはメンタルケア心理士講座を受講すること

 

メンタルケア心理士の受験資格にはメンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をしていること、認定心理士の資格を保有していること、産業カウンセラー初級の資格を保有していること、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科を卒業していることという4つの条件が設けられています。この中でメンタルケア心理士の資格取得までの最短ルートとなるのは、メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をすることでしょう。

 

独学にこだわりを持っている方にとっては、講座を受講するというのはあまり気が進まないかもしれません。しかしながら、メンタルケア心理士の資格を取得するのであればまずは受験資格をクリアしなければいけません。時間というのは有限ですから、最短ルートで受験資格を満たし、メンタルケア心理士の資格を取得していきたいものです。その最短ルートがメンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をするということなのですから、仕方がないでしょう。

 

もともとメンタルケア心理士の資格の勉強内容というのは、思っている以上に奥が深いものです。独学では限界があるでしょうし、独学ではわからないときに教えてくれる人がいませんので、わからないことをわからないままにしてしまいます。しかしながら、メンタルケア心理士講座を受講していれば、そういった面でもサポートをしてもらうことができますし、何よりもメンタルケア心理士の資格取得のために作られている講座になりますので、勉強内容がわかりやすいのです。

 

メンタルケア心理士の資格取得にあたって、重要になってくるのは勉強した知識やスキルがきちんと身についているかどうかというところです。メンタルケア心理士の資格を取得した後ですぐに心理カウンセラーとしての活動を始めようと思っている方であれば、なおのこと知識やスキルがしっかりと自分のものになっているかが重要になってきます。人の心を扱う分野になりますので、適当なことはできませんし、適当なことをしていればそれは絶対にいつか自分に返ってくるものです。

 

独学という勉強の仕方にこだわるのではなく、メンタルケア心理士に求められる知識やスキルをどれだけ自分のものにできるかどうかにこだわっていきたいものです。独学で間違いのない正しい知識やスキルをより効率的に身につけられるという自信のある方はそういないでしょう。メンタルケア心理士講座であれば、正しい知識やスキルをより効率的に身につけられるのです。目先の目標はメンタルケア心理士の資格取得かもしれませんが、メンタルケア心理士の資格を取得した後のことも考えて、しっかりと知識やスキルを身につけていきたいものです。結局のところ、メンタルケア心理士講座を受講するにしても、勉強していくのは自分自身です。独学へのこだわりが捨てきれない方は、発想の転換で講座の教材を借りて自分で勉強していると考えるのもいいのではないでしょうか。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑